ナース

うつにならないベストな予防法【心と体のケアで健康を保とう!】

適切な治療

頭を押さえる人

うつは主に心療内科を利用して治療するのが一般的です。心療内科ではうつの他にも統合失調症や依存症など、様々な疾患に対する治療が行なわれています。うつだと思っていた症状が実は違う病気であるということも十分に考えられるので、精神的または身体的な問題が生じた際には出来るだけ早めの受診を心がけることが大切です。治療を行なうためには専門医によるカウンセリング、そして内服薬や運動などで健康的な心と体を取り戻すための対処を受ける必要があります。これら全ての方法が万人に効果的であるというわけではありません。うつは発症のきっかけが様々であるように、改善に効果的な方法も人によって異なっています。しかし専門の医療機関である心療内科であれば最も適切な治療を行なうことが出来るので、確実な改善を目指す場合はしっかり受診するようにしましょう。また、長期治療が必要になった場合には会社や学校への許可を取る必要もあります。治療の間の対応は事前に相談しておくことが大切です。

うつの発症時はストレスの許容スペースが決壊している状態なので、それを刺激しないようにしっかり心と体を休めることが必要になります。神経系の異常がある場合はそれを解消するために内服薬を処方されることもありますが、これはうつ自体に作用するわけではありません。うつによって引き起こされる症状を緩和する目的で処方される薬なので、医師の指示をしっかり守った上で服用するようにしましょう。また、自宅でただ休んでいるわけではなく、体を動かすことを習慣づけるのも最適です。運動はストレスを解消するために効果的なので、週に何度かは外に出かけるようにするのも忘れずに行ないましょう。

うつ患者が身近に居る場合には周囲のサポートが必要不可欠です。過度な応援はプレッシャーとなり、患者の心に更なる負担をかけてしまう原因になることがあります。また、自尊心を傷付けるような言葉をかけるのはご法度です。立ち直ろうとしている時に刺激になるような言葉をかけると症状は重くなってしまいます。うつの治療の段階では家族や友人のサポートがとても大切な要素になるので、うつに関する正しい知識を持ち、接し方などを普及させることも大切なのです。学校や職場にうつの可能性がある人が居れば、優しく声をかけて病院の受診を勧めてみるのが最適です。うつへの正しい対処法を身につけている人が増えれば、社会問題となっているうつを効果的に予防、そして確実に治療することが出来るでしょう。

Copyright© 2016 うつにならないベストな予防法【心と体のケアで健康を保とう!】 All Rights Reserved.