ナース

うつにならないベストな予防法【心と体のケアで健康を保とう!】

うつになりやすい人

カウンセリング

日頃からネガティブ思考の人はうつを発症しやすいと言われています。物事をマイナスに感じてしまうと不安やストレスを抱えやすいので、出来ればポジティブ思考になれるような努力をすることも大切です。しかし、重要な仕事をよく任されるというリーダー気質の人や、決められたルールに従って物事に取り組むような几帳面な性格の人も同様にうつに陥りやすいタイプだと言えるでしょう。責任感が強い場合には誰かから頼られることにプレッシャーを感じてしまうことがあります。しかしそれを相談する相手が居なければ発散する場所がありません。徐々に精神状態が限界へ近付いていき、うつを発症してしまうのです。几帳面な人は思い通りにいかない場合、または頑張った結果が報われなかった場合などに強いストレスを感じることが多いものです。社交性があり悩みがなさそうなタイプであっても、本人でさえ知らず知らずのうちにうつのリスクを高めている可能性があります。

過去にトラウマがある場合でもうつ病のリスクは高まります。例えばいじめを受けていた経験がある人などは、自分の意見を周囲に伝えることが上手く行なえない場合がほとんどだと考えられるでしょう。過去のトラウマはそう簡単に克服出来るものではありませんが、周囲からの評価を気にするあまり、精神的に不安定な状態を作り出してしまう可能性があるのです。普段から率先して仕事を引き受けるリーダータイプ、そして意見することを避けるようなネガティブ思考タイプは正反対に位置すると言っても過言ではありません。しかし些細なきっかけでうつ病を発症してしまうことに変わりはないのです。

うつ病を回避するなら自分の性格をよく理解するのも効果的でしょう。他人から見た自分の印象と、自分が思っている実際の性格というものは異なっています。ストレスの上手な発散方法や、ストレスを溜め込まないような方法を知るためには、自己分析から始めるのが最適です。ストレスチェックを試してみるのも悪くありません。しかしその結果からうつを回避するための方法を導き出してこそ心と体を守るための対策が行なえるのです。うつはどのような性格の人であっても発症し得る病気なので、自分は大丈夫だと考えていてもいつかは発症してしまうことがあります。もしそのような事態に陥っても、自分自身の強い意志を持っていれば健康的な生活を取り戻すことが可能です。また、周囲の人との関係を大切にして、ストレスを与え合わないような環境を作っていくことも大切でしょう。

Copyright© 2016 うつにならないベストな予防法【心と体のケアで健康を保とう!】 All Rights Reserved.