最近笑っていないそれはうつのサインかも

うつにならないベストな予防法【心と体のケアで健康を保とう!】

考えられる症状

病院の廊下

うつを発症すると精神的、または身体的な変化が生じます。複数の症状が現れることもありますが、疲労の状態と良く似ているので発見が遅れる可能性も考えられるのです。初期症状を見逃さないようにしましょう。

View Detail

うつの基本的な知識

下を向く男性

日本国内だけでなく、世界中で問題視されている病気がうつです。うつは精神的なストレスが主な原因として考えられているのですが、それだけで発症するものではなく、環境的な要因や疲労などもうつを発症するきっかけになることが分かっています。社会人として働いている人は仕事上の疲労やストレスを溜め込んでいる可能性が高く、30代から50代までの働き盛りの世代にうつのリスクがあると言えるでしょう。しかし社会人だけでなく、主婦や学生にも十分発症の可能性はあります。正しい知識を身につけておけばうつを予防することが出来るでしょう。

うつを発症する一番の原因はストレスです。ただ毎日にように働いているだけの生活だと、自分でも気付かないうちにストレスを溜め込んでしまっていることがあります。それは社内の人間関係であったり、業務のプレッシャーであったり、人によってストレスの要因は様々でしょう。住んでいる環境が変化することでも精神的に不安定になりやすいため、主婦や学生もストレスを溜め込まないような工夫が必要になります。上手に発散することで精神面のセルフケアを行なうことが出来るのです。しかし、体調面に不安がある場合も心に負担がかかる場合があります。大怪我や重病などで自分の体が思うように動かせなくなった場合などは不安やストレスが溜まっていきます。周囲のサポートや本人のメンタルがとても大切な要素になるので、心と体のケアは徹底する必要があるのです。

マタニティーブルーやマリッジブルーは主に女性が患いやすいものです。これらもうつの一種で、適切な処置を行なわなかった場合には精神面や身体面に重大な影響が出る可能性が高いと言えるでしょう。妊娠によってホルモンバランスが崩れるのは体の構造上不思議なことではありません。しかし、将来に対する不安などがストレスになり、うつ気味になってしまうことがあるのです。マリッジブルーも同様の状態に陥るため、解消するためにはカウンセリングや心療内科などを受診してみるのも悪くありません。物事を良い方向に考えるようにすることもうつを回避する1つの方法です。

うつの発症はほんの少しのストレスが原因ではなく、時間をかけて溜まっていった疲労やストレスが一気に決壊することが主なきっかけになります。一人一人にはそれぞれ異なる能力や感受性が備わっているのですが、心の許容スペースの大きさにも違いがあります。同様の生活をしていたとしても、その中で溜め込むストレスの大きさによっては一部の人がうつを発症してしまうこともあります。社会的な問題になっているうつは、周囲の人たちの協力や企業や学校の配慮、そして自分自身のセルフケアによって防ぐことが大切です。

うつになりやすい人

カウンセリング

リーダー気質の人とネガティブ思考の人は正反対の性格をしているものですが、どちらもうつを発症しやすいと言えます。自分は大丈夫だと考えていても、うつに陥ってしまうことがあるのです。

View Detail

効果がある予防法

病棟

会社や学校では専用のカウンセラーを設けるなどしてうつ予防の普及が始まっています。しかし一番大切なのは自分自身の精神状態を把握することなので、生活習慣を見直してみましょう。

View Detail

適切な治療

頭を押さえる人

専門の医療機関である心療内科ではうつの治療の他にも様々な疾患の治療を行なっています。早い段階で治療を開始することが望ましいので、自分に合った方法でうつの改善を目指すようにしましょう。

View Detail

Copyright© 2016 うつにならないベストな予防法【心と体のケアで健康を保とう!】 All Rights Reserved.